世代を越えて使ってほしい

美しい色合いの生涯補償付きグラス

四季を感じるハンドメイドガラスをコンセプトにした青森県の伝統工芸品「津軽びいどろ」。これまでの「生涯を添い遂げるグラス」シリーズの特徴である永く使えるシンプルなデザインと独自のアフターサービス「生涯補償」をそのままに、北洋硝子の「津軽びいどろ」最大の特徴である美しい色ガラスを取り入れ、豊かな彩りと季節感を演出しました。

高い技術を持った職人たちが紡ぐ

北洋硝子と津軽びいどろの歴史

「津軽びいどろ」をつくる北洋硝子は、青森県で長い歴史をもつ手仕事のガラス工房です。始まりは1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造からスタートし、その後、浮玉製造で培った技法を用いて、1977年に「津軽びいどろ」が誕生しました。職人たちは技術開発にも力を注ぎ、美しい色ガラスの調合や、高い技術を要する技法もほぼ独学で習得するなど、常に新しい技へのたゆまない努力を続けています。

偶然から生まれた豊かな色彩

「津軽びいどろ」が誕生したきっかけは、ほんの偶然の出来事でした。美しい砂浜と緑豊かな自然が続く青森の七里長浜。あるとき職人がふと思いついて、その七里長浜のひと握りの砂を原料として加えたところ、そのガラスは、えも言われぬ深みのある緑へと色を変えました。その温かい色合いは日本各地で愛されるようになり、それから色づくりに本格的に取り組み始めます。

職人の技が凝縮された「スピン成形」

金型のなかに融けたガラスを落とし込み、金型自体を回すことで、遠心力を使って成形する技術。金型による生産性の高さと、自然でやわらかな手仕事の表情を併せもつ技法です。金型の回し方・速度によって風合いが異なり、同じ金型を使っていても職人によって僅かずつ個性が生まれます。ガラスを巻き取る職人とガラスの適量を見極めて切る職人、職人同士の阿吽の連携も不可欠です。

日常に豊かな彩りを添える

ワイヤードビーンズ別注の「津軽びいどろ」のタンブラーグラスは、口元が華やかに広がった形状と鮮やかながら少し落ち着いた色合いが特徴。高さ約8㎝と小ぶりで手に馴染みやすいサイズに仕上げました。普段使いはもちろん来客用など、日々の生活に溶け込むグラスとして末永く愛用していただきたいという想いを込めています。

ワイヤードビーンズ製品の特徴ともいえる、角度をつけて口元を華やかに広げたデザインを採用。シンプルな形状のアクセントになっています。成形時に生まれるさざ波のような表面のゆらぎは、光が差し込んだ時にキラキラとやわらかな模様をうつし出します。単色ながら表情豊かなグラスです。

長年の経験をもとに”出したい色合い”の配合を見極められる北洋硝子の色ガラス職人が、鮮やかさは残しつつ「ワイヤードビーンズらしい落ち着いた色合い」を実現。深みのある「グリーン」、桜を思わせる「ピンク」、涼やかな「ブルー」、日常使いに最適な「グレー」の4色展開です。

一生涯、使い続けられるしくみ

生 涯 補 償

「割れることが不安で普段使いを躊躇してしまう」ことがないよう、そして「職人手づくりの製品をより身近に、末永く愛用していただきたい」という想いから生まれたのが、ワイヤードビーンズ独自のアフターサービス「生涯補償」です。

刻印(エッチング)サービス

世界にひとつだけ

想いのこもったグラス

名前やメッセージ・日付などをグラスの底面に彫刻できるサービスです。「シンプルに名前だけ」「記念に残るメッセージを」思い思いのメッセージを刻印することが可能です。心のこもったオンリーワンギフトとしておすすめです。

Line up

各色ペアセットでの発売を予定しております。


※商品ページは現在準備中です。恐れ入りますが、公開まで今しばらくお待ちください。

Coming Soon