職人

  • グラス

    田島硝子
    Tajima Glass

    東京都江戸川区

    昭和31年創業、江戸硝子窯元、東京伝統工芸士認定の職人を有する田島硝子(たじまがらす)。
    半世紀以上、様々な硝子食器製造技術を開発・採用し、細足(ステム)グラス・色被せガラス氷紋(アイスクラック)ガラス・手延ばしガラスなど様々な硝子製品を製造してきました。

  • グラス

    上越クリスタル硝子
    Joetsu-crystal Glass

    群馬県利根郡みなかみ町

    ガラスを愛するすべての人のために。上越クリスタル硝子(じょうえつくりすたるがらす)では、絶えずその技術を磨き、時には新しい技法を開発しながら、その時代時代に求められたガラス製品を作り続けてきました。
    明治38年創業。群馬県ふるさと伝統工芸品指定。

  • グラス

    東洋佐々木ガラス
    Toyo-Sasaki Glass

    東京都(千葉工場)

    共に明治創業の東洋ガラス株式会社ハウスウエア部門と佐々木硝子株式会社が平成14年に統合したのが、東洋佐々木ガラス(とうようささきがらす)。
    高熱のガラスの塊を二つとないガラス器に生まれ変わらせる匠の技術と強さと美しさを兼ね備えた独自開発のファインクリスタル組成を使用。

  • 本漆塗り

    熊野洞
    Kumanodou

    宮城県仙台市

    江戸時代末期より仙台に伝わる伝統工芸品 仙台箪笥の職人 熊野洞(くまのどう)では、榡地・手打ち鉄金具・漆塗の全ての工程を一貫した「手しごと」によって製作し、本物にこだわり続けています。
    箪笥製作の技術を生かし、遊び心を加えた漆器も製作しています。

  • チタンコーティング

    日翔工業
    Nissho-kogyo

    静岡県島田市

    日翔工業(にっしょうこうぎょう)は、スパッタリングに特化する会社として、2010年7月に設立。
    宇宙開発で人工衛星にも用いられる三次元形状への表面処理技術で高い評価を得ており、様々な素材に新感覚の装飾やコーティングなどを行っています。

  • 八戸焼

    八戸焼・昭山窯・渡辺陶房
    Shouzangama Watanabe-tobou

    青森県八戸市

    昭山窯・渡辺陶房(しょうざんがま・わたなべとうぼう)は、江戸末期まで八戸市内の蟹沢山中で焼かれていた幻の八戸焼の窯跡を昭和50年に奇跡的に発見。出土した陶片を参考に独自の八戸焼をつくり出す。
    青森の大自然に育まれたブナの色、または、三陸の荒波に揉まれた海藻の色とされる独自の緑釉が特徴。

  • 楢岡焼

    楢岡陶苑
    Naraoka-toen

    秋田県大仙市

    秋田県内陸の山村にて江戸時代の末から続く伝統陶器・楢岡焼。
    楢岡陶苑(ならおかとうえん)では、地元の土から作られるマット鉄釉や飴釉という異なる質感の特徴的な釉薬を活かし、装飾を控えながらも使いやすさと温もり、そして美しさを追求。

  • 新庄東山焼

    新庄東山焼・弥瓶窯
    Yaheigama

    山形県新庄市

    新庄東山焼・弥瓶窯(しんじょうひがしやまやき・やへいがま)では、天保12年開窯以来、新庄戸沢藩御用窯として日常の生活の中で使用できる陶器を製作するという家憲を守り、敷地内の豊富な陶土と、出羽の雪のかげりの色と言われる「なまこ釉」をはじめ種々の家伝の釉薬を用い製作に努力しています。

  • 末家焼

    ひろ窯
    Hirogama

    宮城県亘理郡亘理町

    加藤文夫氏と加藤ひろ子氏によって、昭和60年に築窯された宮城県亘理町・末家焼窯元。
    末家焼は、約300年前の元禄時代に亘理伊達家が備前から陶工を招いて製作した御庭焼で、今日に至るまで複数回に及ぶ廃窯と再建を経て幻の陶器として語り継がれてきました。
    亘理の土は備前の土と似ており、元々は備前焼のように釉薬をかけず高温で焼成した焼締めが特徴の素朴な陶器でした。現在では末家焼本来の肌合いを活かしながら、四季の草花など「きれい侘び」の意匠を施した器の製作が好評を博しております。

  • 会津本郷焼

    流紋焼
    Ryuumon-yaki

    福島県大沼郡会津美里町

    流紋焼(りゅうもんやき)では「”土のもつ自然の心”をできる限り失わずに」との願いを込めて創っています。
    特に流しぐすり釉に意をそそぎ、千数百度に熱せられた窯の中でうわぐすり釉が熔けて流れ、種々様々な紋様を描きます。それは、自然の事物に似て一つとして同じものはありません。一つ一つに豊かな個性があります。

  • 大堀相馬焼

    松永窯
    Matsunagagama

    福島県西白河郡西郷村

    1968年に福島県双葉郡浪江町で創業。300年以上に及ぶ歴史を持つ指定伝統的工芸品「大堀相馬焼(おおぼりそうまやき)」の作陶を手がけており、窯主は3代目 松永和夫氏。2011年3月11日の東日本大震災によって、浪江町が原発事故で帰宅困難区域に指定されたことで廃業を余儀なくされましたが、2014年から福島県西郷村に拠点を移して再建を果たしました。。
    ユニークな二重構造や左馬の絵柄といった伝統を継承しつつ、現在も進化を続けている大堀相馬焼。グローバル時代だからこそ、日本のものづくりの魅力があらためて見直されるように「大堀相馬焼を通じて、福島を全国に、世界の人に好きになってもらいたい。」というのが松永氏自信の言葉です。4代目は松永武士氏。

  • 美濃焼

    史峰陶苑
    Shiho-toen

    岐阜県土岐市

    史峰陶苑(しほうとうえん)は、岐阜県土岐市で創業して以来、使いやすさと親しみやすさにこだわり、現在ではマグづくりに特化。
    製品ごとに手法を変え工夫することで、高品質のマグを生産しています。

  • 京焼

    陶あん
    Toan

    京都府京都市

    大正11年創業、京焼・清水焼窯元の陶あん(とうあん)。京都の東山泉涌寺で創業して以来、上質の原材料を使い、熟練した職人の手で伝統を受け継ぎつつ、常に技術革新に取り組み、華やかで独創的な器を生み出しています。

  • 有田焼

    辻与製陶所
    Tsujiyo-seitojo

    佐賀県嬉野市

    挑戦し、もの造りを繰り返す。
    辻与製陶所(つじよせいとうじょ)は、有田焼の窯元「与山窯(よざんがま)」として知られルーツは江戸時代・安政年間。長い伝統に新しい感覚を調和させた画趣の深さと画題の豊かさが特徴です。