辻与製陶所(佐賀県)

挑戦し、もの造りを繰り返す。
辻与製陶所(つじよせいとうじょ)は、有田焼の窯元「与山窯(よざんがま)」として知られルーツは江戸時代・安政年間。
長い伝統に新しい感覚を調和させた画趣の深さと画題の豊かさが特徴です。

有田焼(ありたやき)とは
有田焼は佐賀県有田町を中心に生産される磁器を指します。日本で初めて作られた磁器であり、江戸時代以前より焼かれ、現在では経済産業大臣指定伝統工芸品に指定されています。